スポーツとメディアを斬る斬鉄剣のようなブログ。

2017-05

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【--/--/-- --:--】 スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |

言語明瞭意味不明瞭 - 補足に関する見解 -

20041117184051.jpg本日付で補足見解が出たようです。どうもホリエモンのBlogにコメントとして掲載されたのもを開発日誌で記事にしたようです。
なめとんかホリエモン!記事にして発表せい!

で、肝心の中身ですが、結論は「ダメだこりゃ」です。
どうダメなのか、以下に僕の見解を述べます。
まず、内容ですが、

第8条(ウェブログの公開について)
・この条文はライブドアに著作権が帰属する意味ではなく、あくまでも著作権はそのblogの作者に帰属するのもです。
弊社は主に当サイトの宣伝を目的に利用する場合を想定して、当事者へ無償で利用することをこの規約で確認しておりますが、宣伝かどうかの定義をすることが困難な場合も考えられる為にこのような定義といたしました。

まず、「のも」ってトルネードの人ですか(笑)。僕もタイプミス等はあるわけで揚げ足を取る気はないですが、公式(に近い)文書でのタイプミスは論外でしょ。意味分からないよ。
まあ、明らかに「もの」のタイプミスでしょうから、これ以上は追求しません。

この見解と合わせて規約改正の趣旨は、「livedoor Blogは宣伝を強化します。第8条の改正は宣伝活動を円滑に行うための改正であって、作者の著作権をライブドアに帰属させるものではございません。」とでも言いたいのでしょう。
まあ、広告を強化したいのは分かります。会員数やアクセス数や増えることは双方にメリットがある(嫌な人もいるだろうけど)と思うので反対はしません(条件は関連記事をご覧下さい)。
でも、絶対それだけで無いよね?

ひきつづき解釈を続けますが、「主に」当サイトの宣伝を目的に利用する場合を「想定して」って、何なんだ?この手の条項があるサイトでも、無断使用は宣伝(広告)に限定しているものが殆どですが。
このままだと、あるBlog(複数の場合もあり)の内容を「livedoor Blog発!バス女」(笑)とか言って出版することを可能なわけで。この場合、主たる目的は宣伝ではないですが、livedoor Blog発!と書けばBlogの宣伝にもなりますからね。「主に」「想定して」では、「例外がある」「想定外のことだ」と言われて逃げられてしまいます。更に、この場合無償で利用することにも問題あり(理由は関連記事)です。
無償で利用するのは宣伝に限定すべきです。

宣伝かどうかの定義をすることが困難な場合」って、やっぱり出版などを考えているのでしょうか?このようなケースが多発するから、いちいち承諾なんて取っていられないのでしょうか?論外ですな。
この場合は、作者に承諾を取るのが当然かと思います。ケースバイケースですが、まずはメールを送れば済む話でしょ。それすらやる気が無いの?
楽して美味しいとこだけ持って行くのは政治家や官僚と全く同じです。

それから、「補足」であって「補則」ではないですから、「俺を信用しろ」と言っているだけのことです。「規約」は変わっていないと言われればお終いです。

結論:第8条の改正は全くもって論外です

ライブドアには
1)今回の改正の背景及び趣旨(目的)をユーザーに説明すること
2)速やかに第8条の撤回を行うこと
を要求します。

まあ、嫌なら出て行けといいたいのでしょう。


この記事の関連記事

他山の石
スポンサーサイト




【2004/11/15 21:30】 ライブドア著作権問題 | トラックバック(0) | コメント(0) |
<<次の記事 | ホーム | 前の記事>>
トラックバック
トラックバックURL
http://miracledragons.blog2.fc2.com/tb.php/11-0c2b4ba9

e-onkyo_left_468x100
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。