スポーツとメディアを斬る斬鉄剣のようなブログ。

2017-08

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【--/--/-- --:--】 スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |

相撲人気はワイドショーから?

日本相撲協会理事であった二子山親方の協会葬が13日に行われ、一般の人を含む5000人近くの人が参列したそうです。

名大関に最後の別れ=協会葬に約5000人が弔問

二子山親方(元大関貴ノ花)の現役時代は小兵力士ながらも大関として幾多の名勝負を繰り広げてきました。個人的には、現役時代よりも藤島(二子山)親方として数多くの関取を育てたことの方が印象深いです。二子山親方のご冥福をお祈り致します。
しかし、マスコミの興味は二子山親方では無く花田家を巡る騒動にあるようですが…。

<花田勝さん>一連の報道は「不徳の致すところ」

連日繰り返される花田家の確執報道は、まさに往年の若貴ブームを思い出させるものがありますが…。事実は小説よりも奇なりを地でいく花田家の確執の数々(どれが本当なのか全く分かりませんが)はネタに飢えたマスコミにとってはまさにニンジンなのでしょうが、一家族の確執について詳細に報道することのどこに公共性があるのでしょうか?金銭の授受があるかどうかは知りませんが、余計なことを喋る人たちにも問題があるのは確かですが。

マスコミは二子山親方の遺志に応えようとは思わないのでしょうか?今の大相撲の大きな問題と言えば、やはり相撲人気の低下でしょう。人気回復にはマスコミへの露出も必要ですが、一連の報道を見て力士になりたいと思う人はいるのでしょうか?花田家の確執は相撲とは直接関係はありませんが、相撲の世界はドロドロしていると言うネガティブキャンペーンを行っているのと同じでしょう。日本相撲協会もマスコミに対し報道を控えるように申し入れても良いと思いますが、若貴ブームの頃ならいざ知らずこんな時でないとマスコミに相手にされないのが実情ですから強くは言えないのでしょう。

とは言え、ただ嵐が通り過ぎるのを待っていても仕方ないでしょう。望ましい形とは言えませんが、世間の興味が一応相撲にあるのですから、人気回復の好機と捉えると共に自らの襟を正すべきでしょう。今回の報道の中には年寄株についてのものもありました。相撲協会に親方として残るには年寄株が必要(一代年寄という制度はありますが)ですが、この年寄株が高値で売買されている(2億円などと言われています)ことをいつまで黙認し続ける気なのでしょうか?

最近は人気力士が親方にならずタレントになる例が多いですが、異常な値段の年寄株も一つの要因でしょう。本当に日本相撲協会に必要な人が残れないのでは困ります。また、過去には年寄株を担保にしたこともありましたし、年寄株入手の為の不明朗な資金繰りの噂は絶えません。どうせならマスコミも年寄株の問題にでもメスを入れて欲しいものですが、不明朗な資金繰りはマスコミの得意技になっていますから、ミイラ取りがミイラになる危険性があってとても突っこめないのでしょう。

昔は良かったと過去を偲んでいるばかりでは何も始まりません。相撲を魅力あるスポーツとする為に何をすべきなのかもっと真剣に考えなければいけませんし、それが二子山親方の遺志に応えることになると思います。
スポンサーサイト




【2005/06/14 10:13】 相撲 | トラックバック(3) | コメント(1) |
<<次の記事 | ホーム | 前の記事>>
トラックバック
トラックバックURL
http://miracledragons.blog2.fc2.com/tb.php/121-07dab500

花田家はメディアの犠牲者か
花田家は完全に崩壊した。あれだけ栄華を極めた一族が何故ここまで無残な結果になって
髭星人【2005/06/15 11:08】
貴乃花親方、頑張って♪(*^^*)
いち妻の立場から見て、貴乃花親方はいい感じ!親方の『家内を出す気はない』の言葉、いいなぁ~。貴乃花親方は、部屋を守りたい、家族を守りたい、そして、相撲を守りたい。その思いでしゃべってると思う。親族からどんなに妻を悪く言われようとも妻を守ろうとする夫!そ...
月光*きょんままんのへや【2005/06/21 08:53】
どうでもいい若貴問題
今まで沈黙を守ってきた弟、 貴乃花親方がしゃべりだしでから、 急速に加速したかに見える若貴兄弟喧嘩。 親方が残した財産や、 お兄ちゃんが出した懸賞金、 などどうでもいい問題を、 毎日ワイドショーは取り上げている。 これいつまでやるんだろう・・。 こんな.
罰ゲーム【2005/07/19 14:34】
e-onkyo_left_468x100
コメント
『相撲を魅力あるスポーツとする為に何をすべきなのかもっと真剣に考えなければいけませんし、それが二子山親方の遺志に応えることになると思います。』

本当にこの一言に尽きると思います。
【2005/06/20 09:25】 URL | きょんままん #.HAg13yU[ 編集]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。