スポーツとメディアを斬る斬鉄剣のようなブログ。

2017-04

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【--/--/-- --:--】 スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |

プロ野球交流戦を総括する

初のプロ野球交流戦は18日に全日程を終了しました。対戦成績はパ・リーグの105勝104敗7分けと拮抗したものになりました。ピッチャーが打席に立つケースが出てくること、戦力が明らかに劣る楽天の存在でパ・リーグが負け越すと思っていましたが、意外な結果でした。パ・リーグ2強が大きく勝ち越したのが利いた感じです。
個々のチームや選手についてはあまり触れませんが、交流戦で印象に残った選手と言えばやはりおかわり君こと西武の中村剛也選手でしょう。キャラクターが先行している感は否めないですが、豪快なスイングだけでなく柔らかさもあるのが良いところでしょう。調子の波が大きいタイプに思えますし、これから色々研究されマークもきつくなるでしょうが、シーズン通じて結果を残せるように頑張ってもらいたいものです。

ロッテは安定した投手陣に加え里崎、橋本両捕手を使い分けて配球を読ませず、ソフトバンクは逆に打線が初対戦のピッチャー相手でも要所で打ち崩した印象で、交流戦前の勢いをそのまま持続した感じです。ヤクルトが意外に健闘しましたが、古田捕手が相手打者の弱点をすぐ把握して的確なリードをした印象です。

中日は苦戦するとは思っていましたが、ここまで負け越すとは意外でした。打てないのはともかく、投手陣が崩れたのは想定の範囲外でしょう。個人的には巨人がもっと勝つと思っていましたが、やはり緻密さが足りず明らかに取りこぼした印象です。

ファンにとっては、交流戦の実施は良かったことだと思います。特にパ・リーグのファンにとっては感慨深いものがあるでしょう。今まで見られないカードが見られたのは斬新さが感じられましたし、成功と言えるのではないでしょうか。

プロ野球交流戦終了 ホクホク顔「パ」、複雑な「セ」 動員、リーグ戦を上回る

パ・リーグにとっては交流戦は明らかに成功と言えるでしょう。全球団が平均観客動員数がリーグ戦を上回ったうえに、巨人戦の放映権料収入が入り、選手の知名度が上がったことによりグッズの売り上げも伸びた訳ですから。パ・リーグの小池会長をはじめ、各チームとも大成功を強調するのも当然のことでしょう。

一方、セ・リーグにとっては"予想通り"厳しいものとなったようです。観客動員も巨人と広島が僅かに増えた程度ですし。何より巨人戦の放映権料が入らないのが痛いでしょう。リンクは張りませんでしたが、サンケイスポーツはかなり批判的な記事がありましたし。フジサンケイグループはフジテレビがヤクルトに、ニッポン放送が横浜に出資していますから、"本音"を書いたのでしょうが。

視聴率は期待ほどではなかったようですが、まあこんなものかなと思います。今季の視聴率ベスト5に交流戦が3試合入ったようですから、十分ではないでしょうか。結局、巨人戦の視聴率なのですから。交流戦の一番のインパクトは目新しさだと思いますが、巨人に目新しさは感じないでしょうから。

しかし、交流戦を行った目的の一つは、パ・リーグとセ・リーグの収支の均衡化にあった筈で、パ・リーグは利益を上げ、セ・リーグは若干損をするのは当然のことでしょう。合意事項をまた蒸し返すようなことは止めて欲しいものです。とは言え、パ・リーグ側は試合数の増加を、一方セ・リーグ側は試合数の減少や廃止を提案してくるのは必至で、醜い綱引きが行われることが予想されます。

個人的には、試合数はこの程度で良いと思います。メジャーリーグの交流戦(インターリーグ)に比べると、1チーム当たりの試合数は多いですが、メジャーリーグの場合、インターリーグに加えて、同リーグ他地区との試合も組まれている訳で、非同地区対決が占める割合は高いのですから。

しかし、36試合を一気にこなすのは勿体ないように思います。オールスターを挟んで、前期、後期の2つに分割した方が良いのではないでしょうか。カード編成にバリエーションをつける意味でも分割した方が良いでしょう。交流戦で流れが変わることは今回証明されましたし、各リーグの優勝争いもより盛り上がると思います。

今回のプロ野球交流戦は成功と言えるとは思いますが、ファンは交流戦だけではなく、プロ野球改革にも期待している訳で、プロ野球が変わる為のきっかけにしていかなければならないと思います。阪神戦も巨人戦に匹敵する動員力があることも交流戦で明らかになりましたが、放映権料も入れれば巨人戦に強く依存している事を露呈しています。

相変わらず球団数削減を伴う1リーグ化の噂は絶えないですが、特定の球団主導で特定の球団の人気に頼っていては真の球界改革など無理でしょう。今回の交流戦で各球団の"ブランド力"は明らかになったと思いますから、これを元に各球団が努力すると共に、球界関係者のみでなくマスコミも球界全体が発展する為に何をすべきかを真剣に考えてもらいたいと思います。
スポンサーサイト




【2005/06/21 07:17】 野球 | トラックバック(8) | コメント(1) |
<<次の記事 | ホーム | 前の記事>>
トラックバック
トラックバックURL
http://miracledragons.blog2.fc2.com/tb.php/125-289afa83

そうだ、阪神をパリーグにやろう!
交流戦が終わったザーマスね。ミーが秘かに恐れていた通り、1リーグ制への意図が見え隠れし始めた気がするのは、ミーの被害妄想?そこで考えたザーマス!
シボンヌの館【2005/06/21 09:47】
【きょうろぐ】交流戦も終わったことだし…
久々にきょうろぐに投稿してみましょう。1ヶ月以上にわたった交流戦も今日で幕を下ろしました。スポーツニュースでもさかんに交流戦の名場面集とか総集編的なものが放送されてますね。さて、ずっと気になっていたのですが交流戦を改革元年の象徴みたいに言うのが本流になっ
day by day【2005/06/21 13:29】
1リーグ制阻止したければ、セリーグは努力が必要
 共同通信社が実施した調査では、交流戦が「面白いと思った」のは63.9%、「面白いと思わなかった」のは7.0%という結果だったそうだ。
SEABLOGスポーツ【2005/06/21 13:44】
交流戦を終えて。
日本プロ野球界初のセ・パ交流戦。本日で無事終了となりました。現時点で横浜-楽天の1ゲームだけ残っていますが、結果はセ103勝・パ105勝・7分。ほぼ互角の戦いであったと言っても過言ではないでしょう。18日の日刊スポーツ誌上で、HPで実施された『交流戦読者アンケート
マルの素【2005/06/21 15:34】
交流戦が終わって(生観戦した先週の巨人対楽天の回顧も踏まえて)
21日から,再び同一リーグのチームとの対戦になりますが,集客は果たしてどんなものになるのか,非常に気になっています。そんなわけで,先週の土曜日に交流戦の全日程が終了しましたが,多くのファンにとって今回の交流戦は「良かった」とのことでしたが,一部では「長すぎる」,「
最高10点,穴だらけ【2005/06/22 01:18】
ありがとう交流戦
 交流戦は18日、雨天中止分の2試合を行い、両リーグの対戦成績はパが105勝104敗7分けと勝ち越して全日程を終了した。 期間中の順位はロッテが24勝11敗1分けで優勝、ソフトバンクが23勝12敗1分けで2位と「パ2強」の強さが目立った。3位は阪神、4位
かまぼんの視点【2005/06/22 03:29】
プロ野球交流戦終了。今後の戦況は?
色々言われていたプロ野球の交流戦だが、終ってみれば、成功したように思える。交流戦優勝はロッテですか。公式戦の勢いそのままに押し切ってしまいました。交流線を踏まえて、今後の戦況を少し。中日がここまで負けが込むとは思わなかった。さすがに、折り返してからは、5
つれづれなる・・・日記?【2005/06/24 16:29】
交流戦を終えて、今後のために
交流戦を終えて、あちこちでアンケートやら、総括やらがなされています。大方の意見を
市民球団を考える【2005/06/28 01:56】
e-onkyo_left_468x100
コメント
はじめまして。TBありがとうございます。
個人的な意見としては「巨人戦の放映権をあてにする」という発想をまず、やめていただきたいと思っています。マスコミも、流れは全く別のところにあるのに、なぜそこまで巨人戦の放映にこだわるのか、と不思議に思います。
【2005/06/21 15:32】 URL | マル #XH3wIHyc[ 編集]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。