スポーツとメディアを斬る斬鉄剣のようなブログ。

2017-06

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【--/--/-- --:--】 スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |

興行と国際化の両立は難しいですが…

日本ラグビーフットボール協会(JRFU)は2011年のラグビーワールドカップ招致に動いていましたが、開催国はニュージーランドに決まりました。JRFUはラグビー人気の起爆剤にしようと考えていたようですが、それも叶わぬ夢と終わりました。
一言で言えば、国際ラグビー機構(IRB)は名より実を取ったのでしょう。実力が足りないという話もありますが、正直実力は関係ないと思います。

と言うのは、今ワールドグランドチャンピオンシップ2005が日本で行われていますが、参加するに相応しい実力を持っているでしょうか。女子はともかく、男子は全く話にならないでしょう?グラチャンに限らず、オリンピック最終予選など大きな大会は日本で開催されることが多いですが、これは偶然でしょうか?

当然のことながら、偶然ではありません。国際バレーボール連盟(FIVB)は国際サッカー連盟(FIFA)のような大組織ではなく、弱小組織と言えるでしょう。FIVBの財政は各大会の収支に左右されますが、バレーボールのようなマイナースポーツだと観客を動員するのも大変なことです。

日本のバレーボール人気もタレント人気によるもので、本当にバレーボール人気があるのか疑問ですが、他の国でやるよりスポンサーや観客動員が見込めるのは事実でしょう。FIVBも財政的に楽ではないでしょうから、必然的に日本開催が多くなるわけです。

ラグビーも世界的に見ればマイナースポーツの一つでしょう。また、どんな組織でも一部の国に権力が集中します。FIFAのような大組織であれば一部の国だけで運営するのは困難ですが、IRBのような小組織なら牛耳られてしまいます。実際、IRBもイギリスの四ヶ国やフランスなど七ヶ国が中心になっています。

とは言え、目先の収支のことばかり気にしていては、いつまで経ってもマイナースポーツのままでしょう。より多くの収益を上げる為には、競技の国際的普及・発展は欠かせないと思います。先日行われたアジアシリーズも当分日本開催が続くでしょうが、他国で開催できてこそ成功と言えるでしょう。これは、ワールドベースボールクラシックにも当てはまりますが。

他に日本が落選した理由としては政治力のなさというかロビー活動の下手さはあるでしょう。大会が赤字だった場合に国のバックアップが必要という意見があるようですが、正直赤字になるのは協会の努力が足りないからでしょう。今回のワールドカップ招致にしても、招致活動を行っていたことをどの位の人が知っていたのか疑問です。

また、ワールドカップを誘致できれば人気の起爆剤になるかと言えば、それだけではないでしょう。ワールドカップ以前にラグビーに興味を持ってもらえなければ大会の観客動員も見込めませんし。ラグビーのトップリーグもVリーグのような中途半端なリーグになっていますが、日本ラグビーの実力向上や企業に頼らないリーグ運営を考えるならプロ化すべきでしょう。プロ化に尻込みする、政治家の力を頼ろうとするのは日本バスケットボール協会(JABBA)と同じで見習うべきことではありません

次回以降も招致活動を行うのであれば、まずは国内リーグのプロ化からではないでしょうか。
スポンサーサイト




【2005/11/18 23:15】 スポーツ一般 | トラックバック(6) | コメント(3) |
<<次の記事 | ホーム | 前の記事>>
トラックバック
トラックバックURL
http://miracledragons.blog2.fc2.com/tb.php/187-34aed605

ラグビーW杯は日本開催ならず
まぁ当然といえば当然でしょう。 だって、まだ方向性が定まっていないから。
おかきの戯言日記【2005/11/18 23:47】
大分トリニータ 残り4試合 目指せトップ10
 まずは、ラグビーW杯招致残念でしたね。 私は、大分のラグビー名門校のM校出身なので、ラグビーに関しては比較的詳しい方です。 アジアでの開催を目指し、関係者が署名活動などをがんばり、政府も全面バックアップの計画だったのに、残念です。 野球・サッカー・バレー
塾講師の点になんない歴史講座。【2005/11/19 11:00】
ラグビー W杯誘致落選
残念な話だが、2011年に開催されるラグビーのワールドカップ(以下、W杯)の日本開催誘致に立候補していたが、落選。ニュージーランドが当選した。ラグビーW杯:11年開催はNZ
振り逃げプロ野球【2005/11/19 12:56】
日本、ラグビーW杯招致ならず
2011年のラグビーワールドカップの開催地が決まりました。我が日本は決戦投票で敗れ、ニュージーランドが選ばれるという結果です。過去の開催地は、1987年 第一回大会 開催地:オーストラリア&ニュージーランド 1991年 第二回大会 開催地:イングランド 1995年 第三...
MAC'S GADGET【2005/11/19 22:31】
2011ラグビーW杯はNZで
残念ながら2011年のラグビーワールドカップの日本開催はなりませんでした。 関係
スポーツ侍の「本を読む!」徹底して読む!【2005/11/20 23:19】
日本、落選。
日本が招致活動を行っていた、2011年ラグビーワールドカップ開催国が18日、ニュージーランドに決定しました。■日本ラグビー協会HP■RUGBY WORLDCUP2007.COM■BBC SPORT残念。決選投票までは持ち込んだのですが(南アが....
PLANET-SURF1973【2005/11/21 00:09】
e-onkyo_left_468x100
コメント
 まったくの同感です。世界的みてマイナースポーツのラグビーが発展していくには、国際的な普及が大切になると思います。だから、今回は日本で開催して欲しかったです。1ラグビーファンとしての思いです。
【2005/11/19 11:05】 URL | teppei0801 #-[ 編集]
トラックバックいただき、ありがとうございます。
こちらのブログは詳細なデータなので、以前から読ませていただいてます。

バスケットもラグビーも、プロ化を含めた地域スポーツ化への議論はずいぶん前からあったにもかかわらず、何もしていなかったツケが回っているのでしょうね(もっとも、上層部にはそのような教訓が依然としてないのかもしれませんが)。
IRBと日本ラグビー協会が保守的な姿勢を改めるのは、いつのことになるのでしょうか・・・。
【2005/11/19 21:36】 URL | てつぞー #ikFLeKdQ[ 編集]
コメントありがとうございました。

個人的にはワールドカップを日本で見たい気持ちもありますが、反面恥を晒さなくて良かったかなとも思います。現状をしっかり把握することも必要なことですが。

IRBが方針を改めるにはやはり第三国がもっと実力をつけないと変わらないように思います。JRFUは更に期待薄でしょう。
バスケットボールはJABBAの方針に嫌気がさしてbjリーグが発足しましたが、ラグビーも同じようなことが起きない限りプロ化の確率は低いでしょう。
各競技団体が経費の削減等を目指して団結しようとしていますが、弱者連合では意味がないように思えます。お互いの傷を舐めあうよりも成功者に学び他の団体を引っ張っていく姿勢を見せて欲しいものです。
【2005/11/20 00:52】 URL | ノーリーズン #-[ 編集]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。