スポーツとメディアを斬る斬鉄剣のようなブログ。

2017-03

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【--/--/-- --:--】 スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |

血液型人間学とおみくじの関係

ブログを始めてちょうど1ヶ月が経ちました。飽きっぽいのでいつまで続くか分からないですが(笑)、更新頻度が落ちても続けて行きたいと思います。

これからもスポーツを取り上げることが多いとは思いますが、他のジャンルも取り上げて行きたいと思っています。ということで、12月の栄えある(?)初エントリーは…。
前置きはさておき、数日前のYahoo!のトピックスに<血液型番組>「性格決めつけ」視聴者から抗議相次ぐという記事がありました。
 血液型による性格判断を扱うテレビ番組が、今春から増えている。特定の血液型を「いい加減な性格の持ち主」「二重人格」などと決めつける内容が目立ち、NHKと民放が設立した第三者機関「放送倫理・番組向上機構(BPO)」には、視聴者から「子供が血液型でいじめを受けた」「一方的な決め付けで不快」などの抗議が4月以降、50件以上寄せられた。このためBPOの青少年委員会は番組内容などを検討し、「科学的根拠があるかのような体裁で問題がある」などと判断、近く民放各社に対し、番組制作にあたり慎重な対応を、と要望する。

(略)

 立命館大の佐藤達哉助教授(社会心理学)によると、血液型性格判断は80年代にブームになった。学者らが「統計上の違いはわずか。科学的には何も実証されていない」などと批判し、沈静化したが、再び雑誌などが取り上げ「大衆の常識のように定着してしまった」という。
 血液型番組の差別・偏見を告発するサイトを9月に開設した岡山大の長谷川芳典教授(心理学)は「ほとんどの番組は、いい加減なデータでレッテル張りをしている。血液型という生まれつきのもので他人を判断することは不当だ」と批判している。
(毎日新聞) - 11月27日15時3分更新
うーん、安直な番組を放送するテレビ局にも問題があるのは事実ですが、それを信じ込む人たちの問題であると思うのですが。学問的見地から見た血液型人間学の妥当性についてはgoogleなどで検索すればたくさん記事が見つかりますので、そちらを見ていただければ良いと思いますが、あえて一言言うなら、血液型は先天的なものである一方、性格は育った環境など様々な因子に左右される後天的なものであり、両者が強い因果関係を持つことはあり得ないと思います。

では、何で多くの人が信じるのか?それは、いわば「おみくじ効果」と呼べるものではないかと思います。

1. 曖昧な表現
「大吉」かどうかしか気にしない人もいるでしょうが(笑)。文章を読むと分かると思いますが、おみくじは幅広い項目(「金運」「恋愛」などありますよね?)について、極力曖昧な表現で書かれています。これは何のためかというと、どうにでも取れるようにするためです。「幅広い項目」について「どうにでも取れる」ように書かれていれば、少なくとも何かしらの項目は当たります。

2. 思い込み
一度でもおみくじに書いてあった通りになれば、おみくじは正しいものだという認識が出来上がります。これが何に影響するかといえば、第三者から見たら明らかにおみくじの通りでないと思われる結果でも、おみくじの内容を拡大解釈して、やっぱりおみくじの通りだと思うようになります。毎年、おみくじを引けば、これの繰り返しですから、どんどん経験が刷り込まれて行くわけです。

3. アンバランス
おみくじは「大吉」から「凶」までバランスよく配分されている訳ではありません。中には「凶」は0%のところもあるらしいです。おみくじを引くのはおみくじの結果を肯定したい、気分良くなるために引くわけですから。

4. 分かりやすさ
内容は良く分からないものですが(笑)、評価は非常に分かりやすいものです。誰でも「大吉」が一番良くて、「凶(大凶)」が悪いことは知っていますからね。また、悪いことがあった時、「凶」なら仕方ないなと思うし、「大吉」ならこの程度のアクシデントで済んだと思うのでしょう。

ちょっと苦しい所もありますが、これはBernum Effect(バーナム効果)と呼ばれるものをおみくじに当てはめたものです。おみくじは個人的な話ですから、それを信じる信じないは個人の自由ですし、なんら問題は無いことです。ところが血液型による性格判断の場合、それを他人に無条件に当てはめてしまうから困ったものです。これでは、性格判断ではなくオカルトに基づいた人間差別に他なりません。

結局、日本人は何でもステレオタイプ化したがるということなんでしょう。今年の新入社員は「~型」とか言うのもありますし。人間関係も色々大変ですから、性格が分かれば接するのも楽だと言うことなんでしょうね。言うまでもなく、人間一人一人異なる個性を持つものです。人それぞれ異なるからこそ面白いというか、そこから様々なパワーが生まれてくるものだと思うのです。パワーが生まれるためにはお互いを理解することが必要で、安易なステレオタイプ化は理解することを放棄しているだけのことです。

さらっと見てしまいがちな番組ですが、その奥には根深い問題があるのです。
スポンサーサイト




【2004/12/01 23:36】 メディア | トラックバック(1) | コメント(0) |
<<次の記事 | ホーム | 前の記事>>
トラックバック
トラックバックURL
http://miracledragons.blog2.fc2.com/tb.php/22-3b91d1bd

心は遺伝するか?
「血液型で性格を判断できる」というのはガセであることは確かなようだが、それではこの設問をより一般化して、「心は遺伝するか」となるとどうだろう?心はどのように遺伝するか安藤 寿康見ての通り、なかなかショッキングなタイトルである。
404 Blog Not Found【2005/10/15 04:58】
e-onkyo_left_468x100
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。