スポーツとメディアを斬る斬鉄剣のようなブログ。

2017-06

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【--/--/-- --:--】 スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |

ルールは臨機応変に

1/26,27の二日間bjリーグの合同トライアウト第一次選考が行われました(レポートはこちら)。詳細はレポートを見て頂くとして、注目は福岡レッドファルコンズの選手が5名参加したことでしょう。気持ちの整理がまだついていないようですが、bjリーグでもスーパーリーグでもバスケットボールが続けられればハッピーだと思います。今後の活躍を願っています。
合同トライアウトは第一次選考なので引き続き最終選考がありますが、第一次選考合格が大きな意味を持つこととなりました。bjリーグが新しい選手契約制度を導入し、第一次選考合格者が2月以降のbjリーグにプロ選手として出場できるものです(詳細はこちら)。

僕は賛成ですが、突然のルール変更でチーム間のバランスを崩しかねないだけに反対意見も出ると思ったのですが、公式ブログ上では反対意見は出ていないようです。bjリーグの認知度が低いので多くのリアクションがある訳ではないのですが。

制度導入の一番の目的は福岡レッドファルコンズの選手救済でしょう。救済というと語弊があるかも知れませんが、bjリーグにとってスーパーリーグから流れてくる選手は貴重でしょう。福岡は14戦全敗という不甲斐ない成績でしたが、それでも今のbjリーグのレベルを考えるとプレイさせたいと思うでしょう。

福岡の件は置いておくにせよ、NBAにも10日間契約がありますし選手にプレイする機会を多く与えるのは良いことだと思います。やっぱり選手はプレイしてナンボですから。

公式ブログ上のコメントではサラリーキャップに対する懸念が出ていましたが、僕は心配していません。ただ、シーズン終了後でいいですから最低限Jリーグ程度の情報公開はして欲しいです。あまり細かくなくても良いですから、総収入、総支出、総サラリーは公開してもらいたいです。健全な経営にはきちんとした情報公開は不可欠であり、どんぶり勘定のプロ野球は見習って欲しくないものです。
スポンサーサイト




【2006/01/29 22:52】 バスケットボール | トラックバック(0) | コメント(0) |
<<次の記事 | ホーム | 前の記事>>
トラックバック
トラックバックURL
http://miracledragons.blog2.fc2.com/tb.php/224-7c9c3a0a

e-onkyo_left_468x100
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。