スポーツとメディアを斬る斬鉄剣のようなブログ。

2017-07

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【--/--/-- --:--】 スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |

FC2ブログがまたスパム対策

以前のエントリーでFC2ブログがコメント・トラックバック承認機能を追加したことを紹介しましたが、今度はブログURLを含まないトラックバック制限が導入されることになりました。同じシステムかどうかは分かりませんが、機能的にはlivedoor Blogと同等のものでしょう。ユーザーが拒否するかどうか選べるのもlivedoor Blogと一緒です(こちらを参照)。
多機能、大容量ブログとしてはSeeseaブログやlivedoor Blogがライバルになると思いますが、Seeseaブログのコメント・トラックバック承認機能とlivedoor BlogのブログURLを含まないトラックバック制限の双方が使えるようになるのでスパム対策としては現時点で最強でしょう。ただ、以前のエントリーで書いたように抜け穴はあると思うので、結局いたちごっこになるのではないかと懸念されます。

何らかのスパム対策は必要だと思いますし、今回の機能も選択制なので個人が選べるのも良いことだと思いますが、何故デフォルトで制限するなのでしょうか。現状の機能に満足できず新しい機能を使ってみたい人が自主的に選択するのが筋だと思いますから、デフォルトは制限しないにすべきだと思います。ライブドアと違うのは、この機能が使えるのは2/6からですが、2/1時点で既に制限するかしないか選べるようになっています。このオプションが有効になるのは2/6からですが、その前に制限しないを選んでおけば今までと全く変わらなくなるだけ良いように思います。

当ブログは既にブログURLを含まないトラックバック制限は制限しないにしましたので、これまで通りリンクを含まないものについても引き続きトラックバック可能です。

リンクを含まないトラックバックは邪道でこれで本来のトラックバックができるという考え方もあるようですが、僕はそうは思いません。ネット上で最低限守らなければならないマナー(いわゆるネチケット)は必要なことですが、リンクを含まないトラックバックがマナー違反なのでしょうか。アダルトサイトが大量のトラックバックを送付する行為は言ってみれば人殺しが合法か違法かと聞いているようなものだと思いますが、内容に関連性があってリンクを含まないトラックバックは例えばエスカレーターで抜かしていく人のために左右どちらを空けるかと聞いているようなものです。

例が悪かったも知れないですが、あなたの答えは右ですかそれとも左ですか?右と答える人が多いでしょうが、左を開ける地域もあります。どちらか一方が空いていれば問題は無い訳で、左だろうと右だろうと構わないことです。リンク有りもリンク無しも関連性のあるトラックバックであれば、僕は構わないと思っています。

当ブログはそれほどアクセス数も多くないのでスパムは少ない(スパムコメントは多いですが)ですから問題ないですが、アクセス数の多いブログはいちいち取り除くのは大変でしょう。ただ、ブログの運営=植物栽培と考えれば、害虫駆除くらい自分でやるのではないでしょうか。この対策で害虫は駆除できますが、同時に益虫も駆除してしまうでしょう。ブログは垣根のないメディアだと思いますから、折角色々な人と交流できるチャンスを自らの手で狭めるのはもったいないと思います。
スポンサーサイト




【2006/02/02 03:51】 ブログ | トラックバック(3) | コメント(3) |
<<次の記事 | ホーム | 前の記事>>
トラックバック
トラックバックURL
http://miracledragons.blog2.fc2.com/tb.php/225-40129f96

FC2 No,1Blogサービスへの軌跡???
クルマを走らせていたら、歩道を一人の老婆が。。。だんだん近付いてくる、その老婆の姿は。。。婆ちゃん、頭が半分紫色!目を凝らしてよく見ると、髪の毛右半分は白髪
オークションとサッカーとビンボーの日々【2006/02/02 22:19】
FC2ブログ的、トラバ対応策 その3
このごろ多い、コメントスパム、トラバスパム。本日、気づいたのですが、FC2ブログにさらに新たな機能が追加されるようです。FC2インフォメーション | ブログURLを含まないトラッ
雪ノ助、世の中それでいいのか―ニュースブログ―【2006/02/03 08:08】
『参照リンク』『言及リンク』って必要(必ず要る)?
FC2インフォメーションブログURLを含まないトラックバック制限についてFC2ブログでは2006/2/6より受信するトラックバックにブログURL(参照リンク)が含まれていない場合制限する機能の追
とりあえずいっとこか。【2006/02/04 12:52】
e-onkyo_left_468x100
コメント
ノーリーズンさん、おはようございます。
トラバありがとうございました。

言われているように、

>ブログの運営=植物栽培と考えれば、害虫駆除くらい自分でやるのではないでしょうか。

という意見は的を得ているなと思いました。
ある意味、メンテナンスというわけで。いくら無料でも、その辺ぐらいはやらないなと改めて思いました。
【2006/02/03 10:04】 URL | Yukinosuke #-[ 編集]
コメントありがとうございました。

僕が恐れているのは、こういったスパム対策を行っていくことにより(全ての)トラックバック=スパムという図式が成り立ってしまわないかということです。トラックバックはブログの一番の特徴と言えると思いますので、何でもかんでもスパムと見なすようになることはブログの発展に悪影響になるのではないでしょうか。
【2006/02/03 23:33】 URL | ノーリーズン #-[ 編集]
TBありがとうございました。2/1から管理画面で表示されていたのですねー。気がついてなかったので早速私も『制限しない』のほうに変えておきました。
確かに初期設定は『制限しない』にするべきかもしれませんね。
インフォメーションをちゃんと読んでいない人や管理画面をあまり見ない人(自分含)もいると思うので、そんな人たちは2/6移行TBが激減してびっくりするかも・・・ですね。
【2006/02/04 12:49】 URL | ソフィー #g3O.O9iE[ 編集]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。