スポーツとメディアを斬る斬鉄剣のようなブログ。

2017-08

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【--/--/-- --:--】 スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |

悪いのは誰?

岩隈投手の所属問題は未だに決着していませんが、日刊スポーツに尚成が残留確認「岩隈のわがままで不安」という記事がありました。

一番の我が儘はオリックスと近鉄の強行合併だと思いますが…。

それはともかく、交渉妥結の際に本人の意志を尊重する約束をしていること、プロテクトを外されて楽天に行った選手(磯部選手など)がいること、また中村紀洋選手のメジャー挑戦を認めたこと(買い手がつくのか?)等を考慮に入れると、岩隈投手に八つ当たりしても仕方ないでしょう。
それより、清原選手といい、今回の高橋尚成投手といい、何で巨人にこだわるのかねえ?「腐っても鯛」って感じなのだろうか?二人とも来年使ってもらえるかという問題もあるのだし。選手は試合に出てナンボだと思います。岩隈のいないオリックスなら尚成でも先発ローテーションに入れると思うが。まあ、選手会も楽天入りをプッシュしているし、巨人に入ることはまずないでしょう。

でも、トレードってそんなにマイナスなのだろうか?相手球団に必要とされていない選手だったらトレードは成立しない訳で。どうしてもトレードされたくないと言うのなら、上原投手のような大投手になるか、河原投手のような相手応援団から大歓声が上がる(笑)投手になるしかありません。上原投手の場合、メジャーに行きたいと公言していることからトレードの可能性が無いとは言えないですけどね。それから、河原投手。奮起することを期待しています。

それより、契約できる見込みのない選手をプロテクト枠に入れたオリックスフロントの責任は問われないのですかねえ?僕がオーナーならクビにしますね。「我が儘は許さない」って事で何とかしようとしたのだろうけど、そもそも強行合併という我が儘がまかり通っているだけに、説得力はないでしょう。
スポンサーサイト




【2004/12/03 01:44】 野球 | トラックバック(6) | コメント(0) |
<<次の記事 | ホーム | 前の記事>>
トラックバック
トラックバックURL
http://miracledragons.blog2.fc2.com/tb.php/23-982ecbd3

選手の器、人の器(高橋尚成と小林繁)
 巨人の高橋尚成投手が契約更改後の席で岩隈投手との交換トレード要員になっていることで、「一選手のわがままでとばっちりを受けている」と岩隈投手を非難するコメントを発言した。 高橋尚成投手、今期成績5勝10敗、投球回数91回で規定投球回数に満たず、防御率5
SEABLOGスポーツ【2004/12/03 20:21】
岩隈どこへ行く?【2回目の交渉も決裂】
岩隈によると小泉社長の口から初めて「トレード」という言葉が出た。楽天希望の岩隈に
トラファンニッキ。【2004/12/03 21:25】
センセーショナルな見出し(追記あり)
大阪日刊の一面。今日、沙羅さんがウォンビン独占インタビューが載ってるから買ってきたニッカンの一面ってば異様にセンセーショナルなレイアウトだったので何事かと思ってしまいました(苦笑)岩隈の金銭トレード楽天入りシナリオ発覚この件に関しては、巨人と交換トレード
day by day【2004/12/03 23:40】
なんでこういう発想なのか?
この報知新聞の記事…。ちょっと読んでみてください。「生涯巨人」というのはなんなのか?何度も言うようだけど、そういう発想がぼくは根本的に不思議でなりません。そういうおセンチなちょろいこと言ってるから、こういう恣意的な記事書かれて球団側に思いっきり利用
しんいちろう茶屋BLOG【2004/12/04 08:21】
法律では人は動かせない(オリックス、コミッショナーに直談判)
 岩隈選手の入団拒否に手を焼いたオリックスは中村GMが根来コミッショナーに直談判するとのことだ。またオリックス小泉社長は合併を営業譲渡ではなくトレードだ「手続きで落ち度がない」と強硬だ。 そもそも実態が営業譲渡かトレードかはともかく形式だけはトレードし
SEABLOGスポーツ【2004/12/05 17:04】
わがままは岩隈ではなくて、あんたですから!
移籍を希望している岩隈投手に対し、巨人の高橋尚成投手が「一選手のわがままで不安に...
虎は勝利の夢を見る?【2004/12/06 00:29】
e-onkyo_left_468x100
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。