スポーツとメディアを斬る斬鉄剣のようなブログ。

2017-03

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【--/--/-- --:--】 スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |

鈴木チェアマンの発言を受けて

プロ野球はオープン戦の最中ですが、Jリーグは今週末に開幕します。

今年の大きな変更点と言えば、2シーズン制から1シーズン制への移行と、J1が16チームから18チームへ増えることでしょう。2シーズン制だと勢いだけで勝ち上がるチームがあるというイメージは否めないので、1シーズン制は良い事だと思います。やっぱり、リーグ戦はシーズン通しての結果が問われるのがサッカーの流儀でしょう。

チーム数についてですが、先程Jリーグの鈴木チェアマンから以下のような発言がありました。

<Jリーグ>将来的にJ1を20、J2を14チームに拡大

Jリーグ入りを目指すチームは増えてますし、チーム数を増やす余地はあると思いますが…。この件を含めて、Jリーグについて思うところを纏めてみようと思います。
まず、J1が20チーム、J2が14チームというバランスですが、ヨーロッパ主要リーグと比較してみると(J1、J2は今年のチーム数)、

 1部2部
日本1812
イタリア1820
スペイン2022
イングランド2024
ドイツ1818
オランダ1818
フランス2020


各国、1部と2部のチーム数は同じか2部の方が多くなっていて、日本が特殊であることが分かると思います。J2はチーム数が少ない事から、4回戦総当たりとなっています。

チーム数を増やす事の弊害と言えば、やはり中位チームのモチベーションの問題でしょう。優勝争いや降格争いに絡んでいればモチベーションも保てますが、中位チームは目的を失いがちで、チーム数が増えればそのようなチームが増える事になります。モチベーションを保つためには、上位チームに何らかの出場権を与えるのがベストでしょう。セリエAなどは4位までにチャンピオンズリーグ出場権、5-7位はUEFAカップ出場権が与えられます。日本だとアジアのカップ戦ということになりますが、ヨーロッパと同等の規模(チーム数)というのは無理でしょう。今の状況だと18チームでも多いような気がします。

将来的には降格チームを増やそうと考えているようですが、そうなるとJ2のチーム数が少なすぎると思います。チーム数が少ないのは降格が無いというのもあるでしょうが、J2が14チームしか無くて4チーム昇格(4位は入れ替え戦になるのでしょうが)というのはバランスが取れていないように思えます。4チーム昇格させるのなら、18チームは必要だと思います。J2は4回戦総当たりですが、チーム数が増えたら3回戦総当たり(やや不公平にはなるが)、2回戦総当たりにしていけば良いと思います。

個人的には、J1は16-18チーム、J2は16-20チームにして、将来的にはJ3(仮称)を新設する方向で進んで欲しいなと思います。J3となるとプロとしては難しくなるかも知れないですが(全国リーグじゃなくても良いと思います)。ブンデスリーガもプロは2部までですからね。

リーグ戦について述べてきたので、カップ戦についても述べてみたいと思います。

国内のカップ戦は、ナビスコカップと天皇杯の2つありますが、個人的には1つで十分だと思います。どちらか一方にするなら、天皇杯を残します。ヨーロッパの各国を見ても、カップ戦はオールカマーな大会ですからね。意外性がカップ戦の醍醐味であると思います。3部4部のチームが1部のチームに勝つ事は珍しくないですし。今年のイングランドFA杯の3回戦では7部(相当)のチームが1部のチームと対戦しましたし(流石に負けましたが)、日本でも一昨年マリノスが市立船橋相手にあわや大恥をかくところでしたから。

とは言え、天皇杯は開催時期を見直すべきでしょう。天皇杯の時期はJリーグは契約更改の時期に当たりますから。もっと早くから始めてリーグ戦終了からあまり間が空かないうちに決勝をするべきでしょう。チャンピオンシップが無くなる訳ですから、無理ではないでしょう。テレビ局などとの調整は必要になってきますけど。

一方、アジアのカップ戦としては、A3カップとACL(AFCチャンピオンズリーグ)があります。この2つのカップ戦ですが、両方に出場するチームは日程的に大変きついことになります。国内のカップ戦は1つにしろと提案しましたが、こちらは2つあって良いと思います。その代わり、チャンピオンズリーグとUEFAカップのような位置付けにすべきであると思います。

具体的には、ACLを優遇すべきでしょう。今年から、トヨタカップが廃止されて世界クラブ選手権が始まりますから、ACLのウィナーとなる意味は一層大きくなるでしょう。リーグ1位、2位のチームにACL出場権を与えて、A3カップはリーグ3位以下のチームに出場権を与えるようにすべきでしょう。現在、天皇杯の勝者にACL出場権がありますが、リーグ戦の勝者(上位)とカップ戦の勝者の価値は異なるでしょう。天皇杯の勝者が出場するならカップウィナーズカップ(廃止されましたが)のような大会でしょう。

あと、totoに突っ込みを入れようかと思いましたが、またの機会とします。
スポンサーサイト




【2005/03/03 09:08】 サッカー | トラックバック(0) | コメント(0) |
<<次の記事 | ホーム | 前の記事>>
トラックバック
トラックバックURL
http://miracledragons.blog2.fc2.com/tb.php/65-ced677cc

e-onkyo_left_468x100
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。