スポーツとメディアを斬る斬鉄剣のようなブログ。

2017-03

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【--/--/-- --:--】 スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |

乱立するブログサービス

ブログブームがまだ続いているのか分からないですが、ブログサービス事業者は増え続けています。そのような状況の中、本命と目されるYahoo!もブログに参入しました。容量2GBを謳ったことから(今は無制限になっていますが)、Livedoor、Seesea、goo等が大容量化しました。

また、容量だけでなくサービスの面でも強化されてきていて、アフィリエイトが可能になったり、HTMLやCSSが変更可能になったりしています。競争によってより良いサービスが提供されることは望ましいのですが、潰れるところが多く出ないか心配になります。

FC2ブログは当初から大容量と自由度の高さが売りでしたが、機能強化も徐々に行われてきています。ここまでの歴史(?)を振り返ってみたいと思います(順不同)。
1. インポート・エクスポート機能
有料サービスで提供されることが多いですが、無料で両方備えているのは素晴らしいでしょう。エクスポートは記事のバックアップにも使えます。FC2に限らずどこのブログサービスも不慮のアクシデントによるデータの消失は免責事項になっていますから、やはりバックアップは気軽に取れるようにして欲しいものです。

2. コミュニティ機能
Livedoorブログに近い感じでしょうか。ただ新着記事のみが並んでも読みたい記事は探しにくいですから、カテゴライズされるのは読者にとって良いことでしょう。記事を書く際に他人のブログを参考にすることは、僕を含め多いでしょうから。ただ、この機能はユーザーの交流によるコミュニティの形成を狙ったものであるらしいですが、その観点から言えば失敗でしょう。共通テーマの数も多すぎず少なすぎず、テーマ設定も細かすぎず大雑把すぎない必要がありますし。

ただ、Livedoor等でも上手くいっているとは思えないですし、SNS(Social Networking Service)とはまた違いますからね。しかし、どのブログサービスも盛り上がりを望んでいるのは事実で、何か上手い仕掛けが出来れば、(サービスの)ユーザー数を大幅に伸ばすことにも繋がるでしょう。

3. 編集機能の強化
FC2でもありましたが、投稿失敗を何度も経験するとブログの編集機能は使用する気がなくなります。個人的にはHTMLタグはできるだけ多く使用可能であって欲しいですが、エディタそのものはなるべく軽量化して確実性を上げる方向の方が良いと思います。もちろん両立できればそれに越したことはないですが。

4. 共有テンプレート
公式テンプレートも数が増えましたが、共有テンプレート機能がサポートされて選択肢はかなり広がりました。公式テンプレートもそうなのですが、作者によってHTMLやCSSの記述作法が異なるのは気になりますし、実装される機能もバラツキが出ることになります。サポートの問題も気になります(あくまで自己責任だと思いますが)。とは言え、公式テンプレートのバリエーションも広がってくるでしょうし、テンプレートの多彩さはブログサービスを選ぶ上での理由になるでしょうから、歓迎すべきことでしょう。

5. アップロードできるファイルの種類
当初は画像ファイルしかアップロードできませんでしたが、まず、.swf、.mp3、.mid、.icoに対応するようになり、最近、.html、.css、.js、.rdf、.txtも使えるようになりました。このブログでもFlashを使用していますし、デザインの幅を広げるという点で画像ファイル以外も使えるのは望ましいでしょう。ただ、多くの拡張子に対応した一方、ファイル当たりの上限は250KBのままです。せっかくの大容量を活かすには、もっと大きなファイルをアップロードできるようにして欲しいという要望も多いようです。

大容量なので画像倉庫として使いたいとか(これは禁止されていますが)、自身の著作物を配布したいとかいう意見のようですが、これはサーバの負荷の面からは明らかにマイナスなので、個人的には上限は今のままで良いと思います。(夜になると)激重でアクセスできない事態にはなって欲しくないですから。ただ、ブログの使い方は色々あると思いますし、このような使い方を売りにするサービスも出てくるかもしれません。

6. 禁止IP/ワード機能
このブログにも最近コメントスパムがありましたが、やはりコメントスパム・トラックバックスパムへの対処の面から求められる機能でしょう。今回のコメントスパムはFC2側が消去したようですが。事後告知で消去したのは批判も出るでしょうが(基準がはっきりしないですし)、多量のコメント(トラックバック)スパムを送りつけることがビジネスになってしまうのは論外ですから、支持します。スパムメールが相変わらず無くならないのも、モラルの問題もありますが、それがビジネスとして成立しているからでしょう。

7. 設定機能の拡充
エントリー、コメント、トラックバックの表示順の変更や、コメントのCookie対応等がなされています。

8. サブドメイン形式のサポート
前の記事で触れましたので、省略します。

他に、

9. プライベート機能
10. ブログ訪問者履歴機能

がありますが、これらについては別の記事とします。

要望もいくつかありますが、とりあえず

1. トラックバックの仕様見直し
具体的にはトラックバック時にトラックバック元から引用される文字数のことです。ブログサービスによっても異なるようですが、多いと400文字(全角)程になるようです。トラックバック元を読む必要を無くす為のサービスではないと思いますので、全角100文字程度の引用で十分ではないでしょうか。

また、これとは関係ないかも知れないですが、一部のブログサービスに対しトラックバックを送信できないようです。ブログのコミュニティはブログサービスを越えて形成されると思いますから、この辺の仕様は何とかして欲しいものです。

2. トラブルヒストリーを残して欲しい
ユーザー獲得の面ではマイナスに働くかも知れないですが。ただ、どのブログサービスでも多かれ少なかれトラブルが起こることは、ブログを続ければ分かることですから。トラブルが頻発するのも問題ですが、トラブルに対してどのような対処をしたかというのはもっと重要なことだと思います。不祥事を隠すことは信頼を失うことに繋がります。FC2ブログの対応は少なくとも悪くはない(Livedoorよりは格段に良い)と思いますから、トラブルヒストリーは残しておいて欲しいです。

殆どFC2ブログの紹介記事になっていますが、サービスとして生き残る為には、そのサービスの個性というか特徴をいかに打ち出していけるかにかかっていると思います。知名度の点ではポータルサイト系(Yahoo、Livedoor等)やプロバイダ系(ココログ等)が有利だと思いますが、独立系ブログにも可能性はあるでしょう。いつまでブログブームが続くか分かりませんが、団塊の世代の人たちの退職がこれから増えますし、より幅広い年齢層に広がっていくでしょう。ただ、人権擁護法案の行方は気になるところですが…。
スポンサーサイト




【2005/03/20 20:44】 ブログ | トラックバック(0) | コメント(0) |
<<次の記事 | ホーム | 前の記事>>
トラックバック
トラックバックURL
http://miracledragons.blog2.fc2.com/tb.php/72-b49240f9

e-onkyo_left_468x100
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。