スポーツとメディアを斬る斬鉄剣のようなブログ。

2017-05

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【--/--/-- --:--】 スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |

ゴールは遠い

ワールドカップアジア最終予選も半分が終了しました。これまでコメントは差し控えていましたが、ちょっと言及してみたいと思います。

毎日新聞のHPのアンケートによると、この記事を書いている時点で、支持する58%、支持しない25%、どちらでもない16%となっています。意見を読んでみてもなかなか面白く、人それぞれ視点の違いはあって当然でしょう。
試合内容について言いたいことは山ほどありますが、これまで触れてこなかったのは最終予選は内容では無く結果を問われるものだと思うからです。現時点で勝ち点6で2位と言う結果は、ベストではないものの十分に結果を出していると思います。強豪国であってもワールドカップ予選は一筋縄ではいかないものですから。この結果をもってジーコ監督解任というのは流石に不条理でしょう。

とは言え、いくら内容より結果とは言っても、ジーコジャパンのチーム作りのプロセスは問われている訳です。最終予選までの準備が結果として表れてくる訳で、勝っているとは言え、ホームでこの内容ではこれまでのプロセスに対して疑問符をつけられても仕方ないでしょう。

ジーコは監督としての経験が無いこともあり、ジーコに経験と自信をつけさせる為に無駄な時間を過ごした感は否めません。アジアカップの優勝は選手よりむしろジーコにとっての自信になったでしょう。勿論自信を持つことも大切なのですが、アジアカップ以降のジーコジャパンを見ていると、この優勝は本当にプラスになったのか?と考えてしまいます。

ジーコの問題点をまず挙げるとすれば、動くのが遅いということでしょう。アジアカップでは結果的に動かなかったことで優勝したようなものですから。大黒選手の決勝ゴールなど交代した選手が結果を出しているという意見もあるでしょうが、交代をギリギリまで待って相手がバテたところでと言うのはアジア相手では通用しても世界の強豪相手には通用しません。動いて流れを掴むことも必要になってくる訳ですが、ドイツ戦を見た限りでは相当不安になってきます。

あと、FWが点を取るチームにして欲しかったと言うことです。最終予選でFWが決めたのは大黒選手の1点だけですからね。

FWが点を取れないというのは、選手の問題なのかも知れません。確かに、ジュニアの頃にチームプレーとか自己犠牲とか口酸っぱく言われたら、決定力のあるFWは育たないでしょう。ただ、高いレベルになればなるほどチームプレーだけでは点は入らない訳で、意外性のあるプレーが要求されます。そういったイマジネーションを持てるかどうかもジュニア時代の指導に影響されると思います。

また、日本チームはなかなか相手の隙をつけないというのもあります。これも、相手のことは考えず自分たちのサッカーをするという考えが強いからでしょう。確かに、相手のことだけを考えても仕方ないですが、勝負である以上相手の隙をつくことは卑怯でも何でも無いと思います。マリーシア(ずる賢さ)はサッカーに必要な要素でしょう。

ちょっと話が横に逸れましたが、いくら頼りないFWとは言え、チーム内でFWが点を取るという意識付けがもっとなされていれば、FWの動きを含めもっと違ったチームになっていたでしょう。FWが決めなくても他の選手が決めて勝てれば同じという考えもあるでしょうが、FWが点を取れないチームには怖さが無いのです。FWは相手DFとの勝負になる機会が多いですが、こいつに持たせたら怖いというのと、こいつならある程度持たせても大丈夫と思われるのでは、DFにとっての余裕が全然違います。結果的に、FKを得る機会も少なくなってしまいます。

最後に、戦術面でもっと応用が利くようになって欲しいと言うことです。イラン戦では4バックにしたことが物議を醸しましたが、別に3バックでも4バックでも構わないと思います。ただ、どちらでも戦えるようにすべきでしょう。相手に勝つには自分たちのサッカーをすることだけでなく、相手に自分たちのサッカーをさせないことも必要でしょう。

うだうだ言ってきましたが、恐らくワールドカップへの出場権は獲得できると思います(そう信じたい)。ただ、ワールドカップに出場することがゴールではないのです。やはり、決勝トーナメントで最低1勝することが目標になると思います。今は、最終予選に集中すべきであると思いますし、サッカーのスタイルを変えることは無理だと思いますが、このままではワールドカップに出場しても予選リーグ敗退はほぼ確実でしょう。

監督交代を含め、サッカーのスタイルを変えることはリスクを伴うことですが、いつまでもアジアの強豪止まりでワールドカップに出場できれば満足では進歩がないでしょう。今回結果は出ないかも知れないし、時間を要することではありますが、世界の強豪となりワールドカップで結果を求められるチームになる為の道を歩き始める時ではないかと思います。
スポンサーサイト




【2005/04/04 01:48】 サッカー | トラックバック(3) | コメント(0) |
<<次の記事 | ホーム | 前の記事>>
トラックバック
トラックバックURL
http://miracledragons.blog2.fc2.com/tb.php/82-5c74bdb9

日本人からはフォワードが育たない
 サッカーW杯予選バーレーン戦では12人目の最高のフォワードがいたなどと言われているが、確かに絶好のタイミングでの最高のシュートだった。ボールを上に上げてしまったり、タイミングが遅れたりしてなかなか点の入らない日本代表に指針がうまれたようだ。 日本人は
SEABLOGスポーツ【2005/04/05 15:19】
大黒を使え!
ガンバ大阪・大黒様がジーコに向かって雄叫びの2ゴール
脱線BLOG【2005/04/06 04:13】
第105話 勝った、ただそれだけ…
先程、W杯ベスト8に入ることを、ほぼ諦めました。今後は、幸運だけのサッカー(ラッキーサッカー)でドコまで勝ち上がれるのか?というジーコの実験を見守りたいと思います。オウンゴールのみの、1-0というスコアは、ラッキーサッカーの最高の勝ち方という事で、テ
サッカー小僧の野球日記【2005/04/06 13:45】
e-onkyo_left_468x100
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。